龍馬暗殺まで、あと5か月。

なんて、番組の中ではっきりと宣言されるとなんか哀しい。

日本人同士で戦争をせずに新しい時代へもっていきたい。そんな素晴らしい考
えの持ち主だった。

龍馬と一緒に暗殺されてしまう中岡慎太郎(30歳)や藤吉(まだ19歳)も
ドラマに登場。

中岡は、土佐の大庄屋の長男で矜持高き農政指導者だったという。ただ、彼は、
武力討幕論者である。写真も現存しており、龍馬同様、なかなかの美丈夫であ
った。笑顔になんとも魅力を感じてしまう。龍馬伝で中岡役を演じている上川
隆也、まさにそっくりだ。

諸藩のいろいろな人間が中岡は信じるに足ると証言していたそうだ。

しかし、幕末の土佐、あまりにも多くの人材を失ったと思う。

武市半平太、平井収二郎、中岡慎太郎、そして坂本龍馬・・・

明治まで生きながらえたなら、どれほど世のためになったことやら。

ちなみに龍馬は北海道への移住を考えていた。多分、暗殺されなくても栄達を
のぞまずに本当に北の大地に引っ越したんじゃないかな。

その証拠に家族である土佐坂本家は、明治31年に全員が浦臼に移住しました。

子孫に六花亭のパッケージのデザインで有名な坂本直行画伯あり。


今日もゼファーに乗っていたのだが、途中で体調が悪くなり、拙宅に戻りまし
た。寒気がすると思ったら、また38度の発熱だった。

弱い!