ここからが正念場





利尻山の8合目まで、つまり長官山付近で休憩した後、少し下りになり、避難小屋
を過ぎたあたりから勾配がきつくなった。

そして”ここから先が正念場”という看板を目にした。

この時ほど、がっかりしたことはなかった。

早朝5時から歩いてくたくたなのに、それでも正念場なのか。

でもまさか、そんなに酷い状況になるとは思わなかった。

そしたら、もの凄い正念場になった。

苦労して、ようやく登頂したらガスでなにも見えなかった。

でも、ここまで登れただけでよしとしよう。

そう、思えた。

この辛い仕事の山も利尻の時と同じように乗り切りたい。

しかし、さっきまで書斎で仕事を続けていたのにまだ終わらない。

現実の山を抜け出さないと。