北のサムライ雑感

”キタノ劇場”北野一機のごく私的な日々のつぶやき、過去の旅の記憶など。文章・画像等の転載は厳に禁じる

和風ラーメン2

waka3


先日、出先の近くで”煮干し中華そば”なるものを賞味したのだが、これが
魚介のダシが強力のなんのって凄かったんでござんすよ。

でもなんか懐かしい味なんだなこれが・・・

waka2


一緒だった同僚は、野菜味噌ラーメンをオーダーされていた。これはこれで
とっても美味しそうでした。

不景気で嫌な世の中だけれど、手抜きのない本物は確実に評価される気が
します。

こうゆう時代だからこそ、精巧な和風、和製が正当に見直されるべきかなと!



画像は、二本松市”麺処中華惣菜 若武者”にて 北のサムライ再訪





和風ラーメン

nikaidou1


福島市イオン付近の支那そば二階堂、実に9年ぶりに再訪しました。

本当に丁寧に仕上げた和風ラーメンだと思った。スープが後味をひく
という感じで実に美味しかった。

nikaidou2


こちらのお店の餃子なんですが、汁がしたたるような感じで旨味がたっ
ぷりだ。

yamaki


お店は変わって、二本松の”やまき”、この魚介のスープは本店の正月屋
の味をもしかしたら超えているやもと思った。

一昔前は、ラーメンと言えば白河ラーメン、あるいは有名な喜多方ラーメン、
激戦区郡山のラーメンなどに人気店が集中していた。

ところが昨今、福島市近郊、つまり県北エリアのラーメンのレベルの高さは
白眉だと確信する。

つまり麺類は人類←だから古過ぎるって!支離滅裂になってきたぜよ。

ラーメン食べるときはねえ、お水たくさん飲むしょ。お腹いっぱいになるよう。



BY 黒板五郎

このネタももうやめれ・・・

初雪の日に

yuki


先日はみぞれが降ったのだが、今朝はとうとう初雪となる。

12、3年前だと冬が正しく寒ければ夏の北海道ツーリングは暑くなる。

そんな法則があると、大阪の混浴ライダーとよく話していた。

事実、暖冬ばかりの当時は冷夏というやつが猛威をふるう年が周期的に
やってきて、ツーリングライダーにとっては受難の旅になった。

もっとも昨今は温暖化の影響か、暖冬だろうが極寒だろうが北の大地の
夏も猛暑が続いているけど。

この夏も暑かった。来年の話をするとなんとかだから自粛する。

さて、昨夜は20時過ぎまで会議が入った。このぐらいの時間になるのは
わかりきっていたので家人にことわり夕食は外で済ました。

roma


二本松市の”ローマの太陽”である。体力が衰えているので、バッチリ
お肉を食べた。

これらの情報は、本編HPのグルメ情報へも掲載しておいた。

ついでに過去の情報も・・・

大玉村の屯ちん、

tonchin


福島市鎌田の大龍、

dairyuu


詳しくはこちらを!

永久ライダーの軌跡HP 県北エリアのグルメ

もっとマメにブログを更新したいのですが、こう忙しいと毎日は難しい。

でも、出来る限りの努力はしたいと思います。

ブランチ

kouou3


画像は1週間くらい前の職場の紅葉。以前にも掲載したことがあるのだが、
ずいぶん前のモノだったからブログの画像データからは消えていた。

さて、3連休なのですが、昨日は残務整理のため、夕刻まで職場で仕事を
していた。

明日も朝早くから出勤だ。休めたのは中日の本日のみである。

さすがに疲れが溜まっていたようで、午前中いっぱい泥のように眠った。

kazenotani


目覚めたら家に筆者ひとりだった。そこで、ブランチに出かけたのが、
”風の谷”という老舗レストランである。

パスタ、グラタン、ピザ、ハンバーグなど洋食メニューが豊富だ。

本日、筆者がオーダーしたのは、シーフードカレーだ。ムール貝、アサリ、
海老、イカなどなど豊富な食材とクリーミーなカレールーのバランスがとても
よい。コクもあり、たいへん美味しくいただいた。

何気にセットのデザートも楽しみだったりする筆者だ。

コマイ

sakana


北海道物産展で購入したコマイとか宗八ガレイって、自分の家族から
すれば未知との遭遇のようだった。

結局、ほぼ毎晩、晩酌のつまみというかオカズとしてぼくの眼前に並ん
でいたぜよ。

コマイと一味唐辛子・マヨネーズを合わせて食べると本当に美味しいの
だけれど、なかなか理解してもらえません。

コマイこというなあ・・・

なんだか寒い日が続きますが、このブログをご覧いただいておる皆様、
どうかご自愛ください。

塩釜にて

kaisen


先日、ちょっと塩釜までいってまいりました。

海沿いというより、閑静な住宅街に佇む人気店”味勘”で昼食をとる。

流石に三陸の海鮮丼は、味といいボリュームといい、一流でした。

新鮮だし、ネタが重なるぐらいの量。本当に美味しい。

namakaki


生牡蠣も掌サイズ(少し大袈裟かも?)に近いぐらいの大きさで食べ
応え充分にして磯の香りがお口の中いっぱいに広がりました。

fly


サクサクのカキフライの旨さといったら至高の味である。

まさに秋の味覚を存分に堪能した週末の出来事でした。

ズレてる方がいい

nobounosiro


久々に映画を観てきた。今話題の”のぼうの城”だ。

”のぼう”とは、でくのぼうという意味。本当に主人公は、平時ではふにゃ
ふにゃとしたでくのぼうなんだが、いざという時には男だねえ〜

のぼうさま、領民からも馬鹿にされているかと思いきや非常な人気者だっ
たりもする。いや実はカリスマ性さえも帯びていた。

天下軍2万VS忍城軍5百(農民を含めて3千)、常識では三成が率いる
天下軍圧勝のはずが?

いやあ〜胸がすーっとしました。なんでも力があるものがごり押してくる
風潮は現在にも通ずるものがある。

奇想天外、空前絶後の展開にすっかり見入ってしまいました。

しかも実話がモチーフというのが凄い。

かりそめの夢でもないよりましさ。

明日の月曜、いやだけどがんばろう!


taikou


昼食は中合1F横の”大晃”という海鮮料理店で、ランチメニューの
おまかせ海鮮丼を食べた。本店が市場内食堂なので、ネタが新鮮で
とても美味しくいただいた。カニ汁も旨い。

ついでに中合8Fの北海道物産展を覗いてみたがっ・・・

つい和商市場の名前につられて、宗八カレイとコマイを衝動買いしてし
まった。

こんなに勝手(買って)きてどうすんのと家人から叱られる。

和商なだけに勝手ドンだけのもんじゃあ!

お後がよろしいようで?

グルメ情報更新

DSCF0747


福島市近郊のグルメ

ということで、郡山、白河、会津地方、浜通りと筆者がこれまで食べ
歩いてきたブログの記事をHPにまとめていく企画です。

昨今、HP本編を更新できなかったのは、HP容量がいっぱいという
物理的問題をかかえていたからです。

今回、フレッツ光の2年割に乗り換えたので、かなりまとまったスペ
ースが確保できた。

多分、あと数年はHPでツーレポ等を作成する余力はついたと思う。

できれば、福島と北海道以外のグルメ情報も知っていることは発信
していきたい。

冬山

PICT0005


先週、安達太良山頂まで一気に駆けあがったら筋肉痛とかじゃなくて、
体調を崩してしまいました。ダルイのです。

なんだか、具合がよくなくて朝とか起きれず、ようやく這いあがって、
仕事に向かう日々でした。

そんなわけで、本日もほとんどふせっていた次第です。

さて、自宅から拝む安達太良連山も吾妻連峰もついに雪景色となった。

基本的に冬山はやらないのだが、そういってもられない状況になってい
たりする。

中高年となったこの歳で、もうテレマークとかやりたくないのだが・・・

困ったものだ。

とりあえず、今シーズンは真面目にスキーを復活してみようかしらん。

本当はコタツで丸くなっている方が大スキーなんだけど、いろいろ事情が
ござりましてな。

ちなみに明朝は、町内会の除草作業へいけと家人に命じられました。

はよ寝よ。

安達太良山頂にて

DSCF12061


久々に安達太良登山メインルート(安達太良スキー場)より入山した。

しかし、行楽客や登山者の数が多くとても混み合っていた。他県から
のお客さんもたくさんおられた。原発事故による風評被害を払拭する
賑わいである。

うれっしーねえ〜(田中邦衛風)←いい加減やめた方がよいとはわかっ
ちゃいるけど、やめられませぬ。

さて、近年、登山中に山を駆けまわっている人々をよくみかける。どう
やら鉄人レースの一種のようだが、いつもながら唖然としていた。

筆者は、ちんたらと登るだけで精一杯なのに登山道をマラソンしている
のだ。どんだけはかりしれない体力をお持ちなのだろう。なんだか自分
が情けなくなった。

こう見えてぼくも22年前、まだ独身だった頃から、ほぼ毎朝走りこみを
しているのに登山の登りはいつになっても遅い。

そこで、知り尽くしているルートなら自分もランニングしながら登ることに
している。

素晴らしい紅葉を時々撮影しながら、わっせわっせと大汗をかきながら
登っていく。

DSCF12071


仙女平の分岐で休憩。どうです、この景色。

DSCF12081


同じく仙女平分岐から撮影。以前、フォレストーパークで野営し、ここまで
歩いて来た記憶がある。だらだらとした登りが延々と続き、登りが遅い
筆者はバテバテだった。

DSCF12091


仙女平から、もうひと踏ん張り。がんがん飛ばしていると頂上の乳首岩が
見えてくる。

が〜ん。凄いガスってました。頂上からの眺望は期待できない?

DSCF12101


安達太良山、標高1700メートル踏破。今シーズン幾度目だろう?

覚えてません・・・

ところが、少しずつ霧が晴れていく。筆者が頂上に到達したとたんの現象
だ。やはり日頃の行いが

DSCF12111


ついに快晴となった。素晴らしい。しかし、えらい気温が低い。走って登っ
てきたから汗ばんでいたが、動きを停めるとなまらしばれるしょ。

DSCF12131


それでも元気な登山者の皆さんが、快晴の山頂付近の絶景に歓声をあ
げていた。

DSCF12151


筆者の画像も1枚。どう見てもGA隊に見えてしまうのう。というか趣味が
ミニタリーな服装なもんで?

というわけで、下りも超特急でした。このルートは、トレーニングにぴった
しなんです。

本日がこと

kuro3


自らフェイスブックというものをやっていてなんなんだが、疑問に思う
ことが多々あり。

でも、もう少しぐらいやってみよう。

多分、長続きはしないと思いますが頑張ります。


本日の記憶・・・

毎度の如く遅刻しそうなのに職場近くで交通事故あり。

やむなく空き地に車を停め、歩いた。

みそ伝

PICT0001


自分が知っている限り、市内にミソラー専門店は2つある。

うち、自宅から一番近いのは”みそ伝”だ。

こちらの野菜味噌ラーメン+辛味噌トッピングがいいねえ。

カブであちこち、用足しをしているうちに14時過ぎとなった。

というわけで、近くを走行中のぼくは躊躇いなくみそ伝さんの暖簾を
くぐる。

ちょっと味が濃すぎるのが気になったけど、総じて美味しいミソラーで
あった。

前にも書いた記憶があるのだが、札幌”すみれ”の味噌ラーメンに限り
なく近い完成度だと思った。

なかなかよいミソだった・・・

もとい!

なかなかよいミセだった・・・

ちょっと、ミソマッチだったかなあ〜(汗)

醤油亭

PICT0001


市内の”醤油亭”というラーメン屋さんまでカブで出かけてきた。

午後には、ついにネット環境がADSLから光へ移行する工事が
あるため遠出はできない。

お昼前にふらっとラーメンを食べに行ってきました。

ちょっと、チャーシューの臭みが気になった(個人的に生臭いの
がダメになっている)けれど、あっさりとした醤油ラーメンを堪能
いたした。

というより、周囲のお客が食べていた辛味噌ラーメンが美味しそ
うでとても気になる。次は絶対これをオーダーしよう。

と思いつつ、スーパーカブ90のアクセルをあげる。

しかし、光の設定工事って大ごとであった。こんなに大変なのに
遠隔操作とかの犯罪も出てきた。

被害者も犯罪の温床といわれる2ちゃんとやらでURLをクリック
したというのがなんとも痛い。

とにかく醤油亭のラーメンは完全に米沢ラーメンであった。

しょうゆーこともあるぜよ。







仙台港FT

DSCF0767


この夏の北海道ツーリングでは、今までになく画像を撮りまくった
と思う。したがってHPにUPされずに埋もれる絵も多々ありき。

もったいないので、少しずつ公開したい。

こちらの画像はフェリー乗船直前にて仙台港FTで撮影したものだ。

25年前に初めて渡道したのも仙台港、さらに太平洋フェリーに乗船
した記憶がある。東日本フェリーも当時はあったのだが、苫小牧
上陸が少しでも速いい太平洋フェリーにした。

昔のフェリーは今の船より、ずいぶんと揺れた。

現在ではあり得ないんだけど、当時のぼくはかなり船酔いに苦しんだ?
いやアルコの方の酔いだったか?

ぼくの記憶と髪の〇は、ずいぶんと薄くなった。

地元のカレーラーメン

DSCF1204


本日、福島市内の中華料理店”桃太楼”で、カレーコーンラーメンなるものを
賞味した。

苫小牧の”味の大王”の強烈なカレーベースではなく、味噌ラーメンベースの
カレー風味というやつかな。なんでもこの秋の限定品だそうな。

でもまあ、これはこれでとても美味しくいただいた。ただし、ボリュームは大王
同様に凄まじい。家人の作った夕食がキツイと思うほど腹に残った。

DSCF1203


さて、ゼファーくんなのでが、ピカピカに洗車された。これで、今年のゼファーで
の活動は終了かな?いや、少しオフには早すぎるかいな?

密かにゼファーくんより、四輪のサクちゃんの方が燃費がいいという事実は
内緒だ。
Profile
livedoor 天気
Recent Comments
記事検索
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ